ワーフリ攻略サイト【わーすく】

【毎日更新!】ワールドフリッパー総合攻略サイト!

妖怪図鑑編纂記 あらすじ

コメント(0)

 

あらすじ

 『妖怪図鑑』の続巻計画がスイゼンの耳に入る。スイゼンはアルク達と陰陽師の部下クグイを呼び出し、続巻の編纂を携わってほしいと依頼をする。
 クグイは過去に自身の術の暴走により記憶を失ったため、自らの絵を恐れていた。そんなクグイと共にアルク達は『妖怪図鑑』の続巻を作ろうとしているイナホと画狂老人Zの元へ訪れる。そこで一行は画狂老人Zの弟子リョウキと出会う。初めはアルク一行の介入を許さない姿勢の画狂老人Zだったがクグイの絵を見た彼はリョウキとクグイの東西絵心合戦を提案する。それは一週間後、二人で妖怪絵を描き画狂老人Zを納得させることが出来たら編纂としてアルク一行を迎え入れるというものであった。
 クグイとリョウキは共に妖怪絵の練習をする中で親交を深めていく。やがてリョウキの明るさやアルク達の助けによりクグイは少しずつ己の術の制御を試みるように。しかし、クグイ自身に結びついた強力な竜の式神により一行を危険な目に合わせてしまったことで彼女は塞ぎこんでしまう。
 クグイを元気付けようと試行錯誤しているとスイゼンからクグイの故郷に赴くことを提案される。リョウキは半ば無理やり『でぇと』に誘い街で遊び、クグイの故郷へと向かった。
 村に着く一行。しかし、かつての故郷は廃村として荒れ果て朽ちていた。惨状を見て落ち込むクグイにリョウキはクグイの絵や力は自身の理想そのものだと伝える。その理想に辿り着くために絵を描き続けるとも語り、絵を描かずに立ち止まっているなら置いて行くとクグイに言った。そんなリョウキの態度に気を改めたクグイは自身の力と向き合い再び絵を描く覚悟を決める。そのためにクグイは竜の式神に自身が主だと認めさせるため戦いを挑み、無事打勝つことに成功した。
 東西絵心合戦当日。大勢の見物客に囲まれる中、勝負が始まり二人はそれぞれ絵を描き上げる。画狂老人Zの強引な提案によりクグイは己とリョウキの絵を実体化。その絵には思いを込め過ぎていたため式神と化しており調伏ついでに一行は勝負を挑むのであった。
 一週間後、クグイとリョウキは妖怪図鑑の絵を描くために山道を仲睦まじく登っていた。



関連キャラクター

     

その他のストーリー
ストーリーあらすじ




トップページに戻る



コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×