ワーフリ攻略サイト【わーすく】

【毎日更新!】ワールドフリッパー総合攻略サイト!

5章 機人の惑星 あらすじ

コメント(0)
 アルクたちは機人の惑星に降り立つや否や、暴走する機械たちに襲われてしまう。戦いを見ていた機人の少女ディアと出会い、彼女の提案で人に詳しい機人レジスの協力を得ることになる。レジスはディアを巻き込むことに反対するが、彼女の頼みにより、アルクたちを身を隠せる場所へと案内する。
 セキュリティに追われながらも廃棄された街に到着した一行。そこでレジスから機人の造物主であり、最後の「ヒト」だった『アドミニスター』についての話を聞く。彼女はこの世界からヒトが消えそうになった時、機械に心を移して現在も生き延びているそうだ。そんな彼女は今やこの世界のルールであった。セキュリティたちがアルクたちを追うのもアドミニスターの命令によるもの。その為、レジスはこれ以上の同行に難色を示すもディアのお願いにより、アルクたちと共に深層クレードルを目指すことになる。
 道中、急襲を仕掛けてきた無数のセキュリティ。アルクたちは全滅させるが、このセキュリティはレジスが呼んだものと判明する。ディアを守る為だと言い放つレジスとアルクたちは交戦状態へ。そこにアドミニスターの声が響き渡る。ディアはアドミニスターに説得を試みるが、聞く耳を持たない。頑なにアドミニスターの命令を聞かないディアに対して彼女は激怒するが、シロがその声を伝えている機械を破壊し、一行は先へ急ぐ。
 深層に辿り着くと、アルクたちはアドミニスターの力により拘束されてしまう。その窮地を救ったのは無数のバグたち。その時、ディアはバグが見せるアドミニスターの過去を幻視する。だが、それを見せたバグはアドミニスターの手で消されてしまう。怒りを見せるステラの言葉にバグたちが一斉に反応する。その隙に、突如現れたレジスがアドミニスターを強襲する。しかし、このアドミニスターは端末に過ぎない。本体は「神像の間」にあること、自分は二重スパイのような存在だったこと、ステラの声に反応したバグたちは、廃棄された機人の記憶から産まれたものであること、そして、レジス自身のかつての記憶もそこにあることを明かすレジス。
 「神像の間」に辿り着くアルクたち。そこには、暴走するアドミニスターの姿があった。アルクたちは、アドミニスターを止めるべく戦うがバグたちの怨恨に食い荒らされ死にゆくアドミニスター。ディアは彼女とお別れをする為に彼女の永い眠りへの子守歌を歌った。
 ワールドフリッパーを見つけたアルクたち。同期したステラはこの領域にもライトの世界はないと告げる。しかし、突然ワールドフリッパーはステラとライトに星見の街の過去を見せる。そこに現れる勇者ルクスという人物、勇者ライトとその巫女のステラ、謎は深まるばかりだが、座標を集めることでその謎が解けると考えたアルクたちは、二人の機人に見送られながら次の世界へと向かった。

▶︎アプリ内あらすじ

星空よりの来訪者
偽物の星空を見上げ、雨が降ることを願って溜息を漏らす機人の少女。突如落ちた流星。緊急警報が街中に鳴り響く。一方、機械世界に降り立ち、その文明の高さに驚くアルクたち。そこに壊れた清掃ロボットたちが集結し、暴走気味に襲いかかる
鋼鉄の歌姫
戦いを見守っていた機人の少女ディーバ・メディアと接触したアルクたち。侵入者を捕縛しようとする手から逃れるために、ディアの自宅を目指す
感染
街を歩くとディアの歌声が流れている。アルクたちは褒めるが、己の歌を卑下するディア。ステラは綺麗な音だと素直な感想を伝える。しかし、ステラの、ディアの歌を聴いてみたい、との言葉に反応した購入受付機が突如暴走。襲われたステラは昏倒してしまう
彼方の子守歌
ディアの歌声に目を覚ましたステラ。しかし原因不明の高熱を発症。ディアの提案で、ヒトに詳しい機人・レジスの協力を得ることになる。レジスは、ディアの頼みによって、アルクたちを身を隠せる場所へと案内する
洗浄者たち
廃棄された街に到着したアルクたち。そこには記憶を消されて苦しむ機人たちが居た。違法行為である記憶改ざんにいそしむ彼らを、取り締まるためのセキュリティが現れる。連行されそうになる彼らを助けようと、アルクとシロは戦場に飛び出した
深層への逃避行
ディアに襲いかかるセキュリティを腕に仕込んだ武装で鎮圧するレジス。その隠された実力に驚くディア。更なる同行には難色を示すレジスだが、ディアのお願いにより、深層クレードルを共に目指すことになった
追撃戦
バグがステラだけを狙うのはなぜ?原因不明の不調と関係性はあるのか?と訝しむレジス。突如、警報が鳴り響き、アルクたちはセキュリティに囲まれてしまう
記録者
アルクたちがセキュリティたちを全滅させる。その隙を狙って、ディアの背後に忍び寄るレジス。裏切りを察知したライトが叫び、同じく気づいていたシロが阻止する。レジスはセキュリティを呼び集めながら、すべてはディアを守るためだと言い放つ。アルクたちはそれを拒否し。レジスとの交戦状態へ
狂える造物主
敗れてなお、ディアに出頭を勧めるレジス。そこにアドミニスターの声が響き渡る。ディアがアドミニスターの説得を試みるが、まったく聞く耳を持たない。しかしステラに気づくと畏れて取り乱す。さらにディアが頑なにアドミニスターの命令を聞かない姿を見て、激怒。シロがアドミニスターの声を伝えるセキュリティを破壊して、アルクたちはその場を去る
深淵よりの使者
病状が悪化するステラを休ませるため、安全な場所を探して一夜を過ごすアルクたち。ステラの頼みで、ディアが歌をうたう。深層に響き渡る美しい調べ。歌声に誘われて現れた機人ーーあるいはバグに導かれ、アルクたちはクレードルを目指す
クレードルの記憶
クレードルに辿り着いたアルクたちは。アドミニスターの力で拘束されてしまう。その窮地を救ったのは無数のバグたち。ディアはバグが見せる過去を幻視する。だが、それを見せたバグはアドミニスターの手で消されてしまった。怒りを見せるステラ。彼女の言葉にバグたちが一斉に反応。隙を突いて、レジスがアドミニスターを強襲した
蘇る復讐者たち
二重スパイのような存在だったと明かすレジス。ステラの声に反応するバグたちは、廃棄された機人の記憶から産まれたものたちであり、自分自身の記憶もそこにあるのだという。アルクたちは神像の間に辿り着く。アドミニスターとの決着は近い
ディーバ・メディア
ステラの声に呼応し集結するバグたちが神像の間の扉を開ける。だが、バグたちの怨嗟の声にステラは呑まれてしまう。それをディアぼ歌声が浄化。壊れたアドミニスター本体には、ディアの最後の説得の声も届かない。しかし、その代わりに決意の歌声が響き渡る
救済の子守歌
バグたちに食い荒らされ死にゆくアドミニスター。だがちゃんとお別れをするために、最後の歌を歌うディア。アドミニスターは死んだ。彼女から機人の制限解除コードを受け取ったディアは、バグたちを救えるかもしれない、と言う
新しい世界へ
ワールドフリッパーと同期をするステラ。ソレが終わると、ステラとライトは星見の街の過去を見る。ライトはそこに現れた勇者ルクスは伝説の人物だと説明。自身の正体に疑問を抱くステラだが、ディアに励まされ、元気を取り戻す。そして、歌をうたう約束をするステラとディア。二人の機人に見送られながら、アルクたちは次の世界へ旅立つ

 

▶︎星見の図鑑
地表まで人工物に覆われた機人の世界。
緊急警報が街中に鳴り響く中流星を見た少女は夜の街を駆け出す。

この世界に有機生命体は存在しない。
世界を闊歩するのは、人類を模した機人と心を持たぬロボットだけ。
しかし機人達は、新たなる人類としてこれからも歴史を紡いでゆくだろう。
最後の人、アドミニスターを倒した一行は罪を抱えながら、新たな世界への扉を開いた。

創造主アドミニスターの死後二つの派閥が台頭している。
思想をうけつぎ進歩・変革を許さない体制派『デフォルター』
社会を変えるために過激な活動を続ける革命派『アップデーター』
派閥間の争いは日増しに激しくなっている。

関連ワード 機人|バグ|メモリー|記憶洗浄者|粛清の剣|ロボット|ロストシティ|神像の間|アップデーター|デフォルター|デズ|マナブレイン

▶︎関連キャラクター

ストーリー登場
出身キャラ
その他
         

トップページに戻る

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×