ワーフリ攻略サイト【わーすく】

【毎日更新!】ワールドフリッパー総合攻略サイト!

ヘルガ・ナーゼ(百獣) 【エンジョイ】

コメント(0)

白狼の棒術師(恒常)

白狼の棒術師
ヘルガ・ナーゼ
Name Helga 一人称 あたし 
Title Canid Staffmaster
種族 人|獣 CV 青山吉能 
出身 牙の戦場 性別 女性
スキル
スピネル・ポー 
Spinel Paw
リーダースキル
白狼の嗅覚 
The Nose Knows

▶︎ストーリー

犬族の棒術師。『危険な匂い』に惹きつけられてアルク達と行動を共にする。孤高の生活が長かったせいか、危機察知に敏感。

▶︎ボイス

加入 「あたしは、犬族の戦士ヘルガ。今日からおまえたちについていく。何故って、危険の匂いがしたからさ。」
"Helga Vanese, Charmed to meet you. I was a soldier, but I think I'll tag along with you lot for a spell. Ah, the sweet scent of danger!"
進化 「自慢の鼻もお役に立てて喜んでいるよ。楽しい暮らしの匂いを存分に味わってまたそれを守るために、頑張るよ。」
日常1 「危険な匂いがした。だからあたしは駆けつけたまでだよ。体が先に動くってことかな。」
日常2 「後先考えてるわけじゃないね。気付いたら危険な匂いを察知して、そこに向かってしまうんだ。」
日常3 「礼をされたくてしてるわけじゃないよ。だから別におまえも気にしなくていい。あたしがやりたくてやったことだから。」
日常4 「たまには息抜きも必要だね。街で戦い以外の匂いを嗅ぐのは、癒されるよ。」
日常5 「お前たちからは危険の匂いがする。けど、それだけじゃあないね、なんだか爽やかだ。その正体を見極めたいのさ。」
日常6
日常7
日常8


▶︎
戦闘ボイス

スキル準備完了 「頃合いだね」
スキル発動
1 「消え去れ、スピネル・ポー!」
2 「その匂い、払うよ。スピネル・ポー!」
3
4
バトル開始 1 「やれやれ、かかっておいで」
2 「匂いごと消し去らないとね」
勝利 1 「ふう、危険の匂いは遠のいた」
2 「これでまた、のんびりと暮らせるね」
パワーフリップ 1 「我が棍を見よ!」
2 「頂くよ」
落下 1 「あ゛っ!つつ……」
2

 

▶︎キャラエピ

戦士の居場所
犬族の治安維持に頭を悩ませていたアルベルトの前に現れた白い犬族、ヘルガ。星見の街で、突如シロを急襲する。居場所を返せと迫るヘルガだが、一転して武器を収める。そこに現れたアルベルトが非礼を詫びるが、構わずヘルガはシロについていかせてくれと迫る。犬族の戦士にして奔放な彼女を、一行は受け入れる事にする。
登場キャラ アルベルト|シロ|アルク|ステラ
いつか消えるまで
揺らぎの迷宮で魔物たちを続々となぎ倒すヘルガの姿に危うさを感じるライト。別の日、買い物帰りのステラと遭遇したヘルガは、じゃれつく子どもたちをあやしていた。意外だというシロに『平和が一番だが、その中に自分の居場所はない』とヘルガは言い、さらに自分の必要性をなくすために戦う覚悟を表明し、ステラの頭を優しく撫でるのだった。
登場キャラ シロ|ライト|ステラ|(アルク)
戦い続ける
揺らぎの迷宮で戦闘中の一行は、親とはぐれた男の子、エミルを発見。泣きじゃくるエミルを遠吠えで鎮めたヘルガは、その子とはぐれた父親を探すため、シロと捜索に出る。無事父親を見つけ出したヘルガに、留守番をしていたステラはおかえりなさいと声を掛けた。
登場キャラ シロ|アルク|ライト|ステラ

▶︎星見の図鑑

関連ワード 牙の戦場|犬族|犬と猫の戦争|孤児院|揺らぎの迷宮|獣人

▶︎わーふりワールド

登場話数 188

▶︎備考

・犬族の戦士として自分には戦うことしか能がないと思っている。そのため、和平成立で居場所が失われたと感じており、シロに急襲を仕掛ける。猫族自体に恨みは持っていない。
・魔王を倒すというアルク達の冒険に興味を抱き、行動を共にするようになる。
・戦闘狂に見える節があるが子供と一緒に遊ぶなど優しい一面もある。
・ロルフとは同じ犬族の戦士として顔見知りな模様。
・クロの新年の挨拶回りに同行している。(クロ(正月)ep1)

▶︎表情差分

 

白き護り手(百獣)

白き護り手
ヘルガ・ナーゼ(百獣)
Name Helga 一人称 あたし 
Title
種族 人|獣 CV 青山吉能 
出身 牙の戦場 性別 女性
スキル
スピーラル・ポー 
リーダースキル
『こう』すればいいんだろう? 

▶︎ストーリー

犬族の戦士。かつては戦いの中で消えゆくために危険な場所を追い求めていたが、星見の街での出会いが彼女を変えた。今は護るべきもののために戦う。

▶︎ボイス

加入 「危険な匂いがした。だから、お前達はあたしが護るよ。なあに。戦士の命など安いものさ。」
進化 「護るために戦うと決めた。強くもなれた。だけど、そうだね……あたしもお前達に、護られていたんだね。」
日常1 「あたしの力が必要なんだろう?いいさ、好きに使っておくれよ。使い勝手はいいつもりだからね。」※進化前限定
日常2 「ほら。ステラ、おいで。……よしよし。いい子だねえ。ああ、お前以外も素直にこうさせてくれたらいいのにねえ?」
日常3 「シロは相変わらずだね。乱暴者を装ったって、すぐに分かる。ほら、優しい匂いがするだろう?」
日常4 「アルベルト坊やとは、長い付き合いでね。あれが天狼なんて名で呼ばれてた頃は黒狼の騎士にだって牙を剥きそうだったんだよ。――本当に、人は変わるものだね……。」
日常5 「円と螺旋、星との結合……。動きとしては分かっていたつもりだったがこんな力の使い方もあったとはね。ふふふ。まだまだあたしも、愉しめそうだね?」
日常6 「どれだけ洗い流しても血の臭いが消える事はない……。だけど、そうだね。お前たちがそう言ってくれるなら……もう逃げるわけにはいかないね。」
日常7
日常8


▶︎
戦闘ボイス

スキル準備完了 「いい具合だね」
スキル発動
1 「ほら、『こう』するんだろ?」
2 「技を借りるよ、お嬢ちゃん」
3
4
バトル開始 1 「ふふふ、荒事かい?」
2 「遊んでやろうじゃないか」
勝利 1 「もう大丈夫。あたしがついているからね」
2 「あっははは、悪いねえ。死ねない理由もできてしまったのさ」
パワーフリップ 1 「匂うね?」
2 「ほら、そこだ!」
落下 1 「うっ!?」
2 「……ふふっ、あははははっ!!」

 

▶︎キャラエピ

帰る場所
ヘルガは、悪癖を心配したシロの問いに、信頼しているからだと答える。納得せず立ち去るシロの背に向けて、お前の言う通りだよと呟いたヘルガは、星見の街で待つ人々の元に帰るのだった。
登場キャラ シロ|アルク|テオ|ステラ|(ライト)
戦士の罪
クロからの依頼を片付けたヘルガは、野暮用があるといい、テオ達と共に野営をする。月明りに照らされながら滅ぼした村の話をしたヘルガは、テオの慰めを拒絶するが、翌朝改めて気持ちをぶつけて来たテオの想いを受け止めて詫びるのだった。
登場キャラ テオ|シロ
彼らの戦い
ガラが悪い犬族の男達を蹴散らしたヘルガ達は、スリをしていた猫族の子供達を孤児院へ連れていく。孤児院の造りに用意した資金で足りるか不安になったヘルガだが、アルベルトは資金の返却を申し入れ、未来の在り方を熱く語る。ヘルガはアルベルト達の理想を手伝うことにし、新たな相談に乗る。
登場キャラ アルベルト

▶︎星見の図鑑

いつか自分が不要になるために彼女は戦い続けていた。
今は、少し違う。多くの人が彼女を、あの手この手で引き留めようとする。優しい子達ばかりだと、苦笑して彼女は護るため、戦いを続ける事にした。

関連ワード 牙の戦場|百獣の王冠|孤児院|犬族|犬と猫の戦争|戦争難民|牙の傭兵団|暗殺者の里|武の極北|決意のきざはし

▶︎わーふりワールド

登場話数 294

▶︎備考

・ストーリーイベント『百獣の王冠』に登場。クロの依頼でテオを保護し、彼を導いている。
・シェイロンと戦闘になった際、彼女の技をコピーし勝利をおさめている。
・テオからは師匠として慕われている。
・星見の街での出会いが、彼女を変え、今は護るべきもののために戦っている。
・パルペブラで稼いできたお金で孤児院を作りたいとアルベルトに提案した。

▶︎表情差分

▶︎関連キャラクター

星見の図鑑
その他
 

牙の戦場 相関図
世界別キャラ相関図
キャラ性能(恒常)はこちら
キャラ性能(百獣)はこちら

トップページに戻る

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×