ワーフリ攻略サイト【わーすく】

【毎日更新!】ワールドフリッパー総合攻略サイト!

ビアンカ・バルザレッティ 【エンジョイ】

コメント(0)

蠱惑の召喚術師(恒常)

蠱惑の召喚術師
ビアンカ・バルザレッティ
Name Bianca 一人称 私 
Title Magisterial Mistress
種族 CV 赤﨑千夏 
出身 揺らぎの都市 性別 女性
スキル
レギオン・ランページ 
Legion Rampage
リーダースキル
女王様気質 
Make Way for the Queen

▶︎ストーリー

アプロと名付けた小さなドラゴンを使役する召喚術師。人間をもペット扱いする振る舞いでパルペブラの冒険者たちをも怯えさせる、危険な女。フルネームは、ビアンカ・バルザレッティ。
A summoner who has tamed beasts and monsters to do her bidding. Although she cares deeply for them, her possessive personality and apparent obsession with making others her “pets” can be off-putting for some.

▶︎ボイス

加入 「召喚術師が召喚されるなんてね。ふふっ、いいわ。しばらくはここに居てあげる。でもそれ以上は、アナタたち次第よ……?」
"Oh my... Did you just summon a summoner? Well played. I suppose I could stick around for a while... if you play your cards right. Hehe."
進化 「私のアプロ。いつかきっと、私の手を離れていくとしても、私はあなたと飛び続けるわ……!さあ、行きましょう!」
日常1 「この子はアプロ。私の可愛い相棒よ。あら、信頼関係って意外?ふふふ、女王は鞭だけじゃないのよ?」
日常2 「ねえアプロ。あの子たちって、ヘンよね。脅しても離しても近づいてくるの。……ふふっ、そうね。私もあの子たちは、嫌いじゃないわ……。」
日常3 「私のペットになりたいのならば、いつでも歓迎してあげるわ。ふふふっ、蕩ける様な夢を見せてあげるわよ?」
日常4 「対等な関係も確かにいいわね。それでもね、私はペットを求めるわよ?だって、それが私の愛のカタチだもの。ふふふっ。」
日常5 「確かに仲間とは言ったけれど……お茶会にまで参加するとは……じゃあ、これを頂くわよ。なによ、女王様がクレープ好きだっていいでしょ!」
"I may or may not have called you my friends, but inviting me to a tea party? Hmm... Fine. But you'd better prepare enough crepes to satisfy a queen!"
日常6
日常7
日常8


▶︎
戦闘ボイス

スキル準備完了 「躾が必要ね」
スキル発動
1 「ペット達、出番よ。レギオン・ランページ!」
2 「お仕置きが必要みたいね」
3
4
バトル開始 1 「来なさい?」
2 「ペットにしてあげる♡」
勝利 1 「あら残念、ペットにするには物足りないわね」
2 「強き者に従う……その喜びを知りなさい?」
パワーフリップ 1 「それ!」
2 「行きなさい!」
落下 1 「ぁあっ!?」
2 「このっ……!」

 

▶︎キャラエピ

私のペット / My Lovely Pet
自身のペットである飛竜のアプロを紹介するビアンカ。召喚術に興味を抱くライトとアルクに、興味があるならペットになってみないかと危険な誘いを持ちかける。
登場キャラ アルク|ライト|ステラ
好意の表明 / Keeping Up Appearances
自室でステラたちとアプロの交流を見守るビアンカ。人に対してペットにしたいのは好意の表明かとステラに問われると、みるみる顔を赤くする。そして、恥ずかしさからビアンカはステラたちを部屋から追い出してしまった。
登場キャラ ライト|ステラ|アルク
船上の救出劇 / Boatside Rescue
海に落ちた少女を救出せんとして溺れるライト。ビアンカはアプロに仲間を助けて欲しいと願い、ライトを救出する。ライトから仲間に勧誘されたビアンカはこれを承諾する。
登場キャラ ライト

▶︎星見の図鑑

関連ワード 揺らぎの都市|冒険者|パルペブラ

▶︎わーふりワールド

登場話数 135

▶︎備考

・キャラエピ登場時から星見の街にいた。(ep1)
・アプロは魔導書の中から召喚されている。(ep1)
・海外版ではインナーが一枚追加された。

▶︎表情差分

 

蠱惑のサンタクロース

蠱惑のサンタクロース
ビアンカ・バルザレッティ(クリスマス)
Name Bianca 一人称 私 
Title Captivating Santa
種族 人|ドラゴン CV 赤﨑千夏 
出身 揺らぎの都市 性別 女性
スキル
ホーリーブレス 
Breath of Sacred Fire
リーダースキル
女王様はサンタさん 
Santa Queen is Coming

▶︎ストーリー

クリスマスと子供が大嫌いな女王様気質の召喚術師。今回はサンタクロースに扮し、愛の証(プレゼント)を子供たちに配ることになってしまう。教育上、自分の振るまいがギリギリなことは理解している。

▶︎ボイス

加入 「跪きなさい?女王様からのプレゼントよ。ふふふっ。……こんな感じでいいのかしら?え、違う?」
"Your queen finally shows up, and this is how you treat her? On your knees! Hehe. Consider that your present for the holidays."
進化 「もう覚悟を決めたわ。相手が子供だろうが、いつもの私で行くんだから。メリークリスマス!愛の証をあ・げ・る♡」
日常1 「ご褒美が欲しいなら、言ってごらんなさい?あなたの欲しいモノを、あげるわよ。」
日常2 「この衣装は悪くないわね。だってほら、アプロも喜んでるもの。」
日常3 「クリスマスも、子供も、好きじゃないわ。それなのに、本当にいいのかしら……」。※進化前限定
日常4 「女王様ごっこだなんて『教育的』にはよくないのでしょうけれど――でも、好きならば仕方ないわよね。色々教えてあげなくちゃ♡」
日常5 「甘い物は、嫌いじゃないの。だから、その……一緒にいかが?女王様も、お休みしてあげるわよ。」
日常6 「贈り物なんて、殆ど覚えていないけれど。でも、アプロは私の元に来てくれた。……考えてみたら、私は貰った物の方が多いのかもしれないわね。」
日常7
日常8


▶︎
戦闘ボイス

スキル準備完了 「お仕置きの時間ね」
スキル発動
1 「さあ、いくわよアプロ!」
2 「愛の証をあげるわ」
3
4
バトル開始 1 「さあ、聖夜を祝いましょう」
2 「消えない印を刻んであげるわ」
勝利 1 「聖なる夜だもの。あなたも可愛がってあげるわ」
2 「いい子だったわね。ご褒美が必要かしら?」
パワーフリップ 1 「うふふふっ」
2 「それ♡」
落下 1 「あぁっ!?」
2 「よくもやったわね?」

 

▶︎キャラエピ

女王様はサンタさん
ビアンカは、ギルドの推薦でサンタ役に選ばれ、広場で子供達にプレゼントを配る。嫌いと言っていた割にしっかりサンタしてるじゃないかとライトが評すると『ご褒美をあげるのは女王様の努めでしょう?』とビアンカは笑うのだった。
登場キャラ ライト|プ・リリエ|アルク|(ステラ)
今の私、昔の私
プレゼント配布も終盤に差し掛かった頃、ビアンカは男の子からドラゴンと友達になりたいと相談される。詳しく聞くと、母親の言葉とからかってくる子供達との間で板挟みになっていることを語ってくれた男の子にビアンカは誰と友達になるかは自分で決めるものだと助言をする。その助言通りにからかってくる子供にはっきり拒絶の意志を告げることができた男の子を見て、ビアンカは女王様サンタとしてご褒美を与えることにより一層精を出すのだった。
登場キャラ プ・リリエ|ライト
クリスマスなんて大嫌い
幼少期に親が忙しく、クリスマスの内にプレゼントを受け取ることが出来なかったビアンカはプレゼントを受け取りに来れなかった子供に自らを重ね、プレゼントを直接渡しに行くことを決める。プレゼントを渡し終え、帰ってきたビアンカが暗くなったギルドに入るとアルク達がギルド職員達と一緒にビアンカのためにプレゼントを用意していた。プレゼントを手渡され喜んだビアンカは仲間達と共に初めてのクリスマスパーティーを楽しむのだった。
登場キャラ プ・リリエ|ライト|アルク|ステラ

▶︎星見の図鑑

関連ワード 揺らぎの都市|パルペブラ|クリスマス|サンタ

▶︎わーふりワールド

登場話数 175

▶︎備考

・子供達からも人気があるらしい。(ep1)
・アプロは屋敷にあった魔導書を開いたら、偶然呼び出せたらしい。(ep2)
・当時は屋敷にある本を全部読もうとして誰とも遊ばずに読み耽っていたらしい。(ep2)

▶︎表情差分

▶︎関連キャラクター

星見の図鑑
         
その他
         

・揺らぎの都市 相関図
世界別キャラ相関図
キャラ性能(恒常)はこちら
キャラ性能(クリスマス)はこちら

トップページに戻る

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×