ワーフリ攻略サイト【わーすく】

【毎日更新!】ワールドフリッパー総合攻略サイト!

3章 大海の果て あらすじ

コメント(0)
 とある世界の海原を往く海賊船。その上空に出現してしまったアルクたちは為す術なく甲板へと落下する。そこで出会ったのはその船の船長マリーナ。無賃乗船をとがめられたアルクたちはマリーナの稼業、海賊を手伝うことに。
 海賊たちによると、この世界は海ばかりで船がなければどうしようもないそうだ。アルクたちは現実を突きつけられ、しぶしぶマリーナと共に海賊退治に出航する。敵の海賊船を倒し、宝物庫を探索するアルクたち。そこには水槽に囚われた人魚アメリアがいた。マリーナは水槽を破壊し、アメリアは騒がしくも感謝の意を伝え、海へ帰って行った。
 一仕事を終えて、アルクの手料理に舌鼓を打つマリーナたち。彼女の話によると彼女もワールドフリッパーを探しているそうだ。目的が合致したアルクたちはマリーナと共にワールドフリッパーを探すことになる。人魚の住む遺跡が海底にあるらしく、ワールドフリッパーがある可能性があると話すマリーナ。しかし、突如現れたクラーケンが海賊船を攻撃。何とか撃退するも船の竜骨が折れて沈没してしまい、一行は為す術なく海の底へ。アルクたちが目覚めるとそこは水中。しかし、何故か呼吸の出来る不思議な空間だった。海底を探索するアルクたちはアメリアと合流し、水中で呼吸が出来たのもアメリアの力によるものだと判明。彼女のお陰で人魚たちの協力を得る。ところが、そこに突然魔族の眷属エギルが襲いかかり、倒したアルクたちは先を急ぐ。
 聖域に足を踏み入れたアルクたちはついにワールドフリッパーを発見する。だがそこに仮面の術者が現れ、不穏な野望を語り、大小入り交じるエギルの群れをけしかけてくる。エギルの群れを倒したアルクたちを、仮面の術者はバカにした態度でからかい、その場を立ち去る。ステラはワールドフリッパーと同期を開始。この領域にもライトの世界はないと判明する。そのとき、突然ライトとステラの体が光り、ステラは勇者に関係のある人物だという憶測が深まる。マリーナは船員と共に別世界に旅立ち、アルクたちもまた、新たな旅へと向かった。

▶︎アプリ内あらすじ

空と海のはざまから
とある世界の海原を往く海賊船。その上空に出現してしまった一行は、なすすべなく甲板へと落下してしまう。密航者と勘違いした海賊との戦いが始まった
タダ乗りだけはお断り
密航者を倒せと暴れ回る海賊たちに、話を聞く様子はない。突如、空から降ってきた女船長のお陰で、話し合いへ。無賃乗船をとがめられたライトたちは、女船長マリーナの稼業を手伝うことに
陸のない世界
船上暮らしは海風で体毛の調子が芳しくなく悪戦苦闘するライトとシロ。アルクは上機嫌だが、シロは船酔いにも苦しんでいた。海賊たちの雑談から、この世界には海ばかりで、獣人が居るのも珍しくないとの情報を得るアルクたち。一行を乗せた海賊船は、商船をまもりながら海上都市フロートを目指す
海上都市フロート
海賊船は海上都市フロートに無事到着。ライトは海賊稼業から足を洗うべくマリーナに別れを告げるが、逆に船がなければどうしようもない現実を突きつけられ半ば強引に言いくるめられてしまう。そして、アルクたちは、マリーナと共に海賊退治のために出航する
海賊狩りの海賊たち
マリーナたちが標的の海賊を発見。ライトが、なぜ海賊が海賊を襲うのか、と問う。すると、マリーナは、交易船を襲う厄介者だから、と返す。お宝を運んでいる情報もあるので、ついでに狙うと笑うマリーナ。そして、開戦へ
マリーナの二つ名
海賊を倒し、お宝を奪い取るマリーナ。敵船長が、そんなマリーナを赤鬼の名で呼ぶ。気に入らないマリーナは、敵船長をふっとばし、『朱の刃』船長と名乗り上げる。だが敵の海賊たちは悪名を口にするばかり。マリーナは激怒した
たからものとなまものと
海賊船の宝物庫を探索するライトたち。そこで水槽に囚われた人魚を発見!?窮屈そうだからとステラが樽でぶん殴るもびくともしない。だがマリーナの一撃で水槽は破壊。救われた人魚アメリアは騒がしく感謝の意を伝えると、海へと飛び込んだ
アルクのご飯美味しいね
一仕事を終えて、アルクの手料理に舌鼓を打つマリーナたち。その料理の腕に惚れ込んで、船上コック長へのスカウトをするマリーナだが、アルクは、旅を止める気はない、と断る。一段落つくと、マリーナが、ワールドフリッパーについて語り始める
上がだめなら下ですね
人魚が住む遺跡が海底にある。そこにワールドフリッパーがあるかどうかを確かめるために、マリーナは潜水艇を用意していた。だが、突如、海賊船はクラーケンに絡みつかれる
はじめての沈没
アルクたちはクラーケンを撃退。だが海賊船は竜骨が折れて沈没してしまい、一行はなすすべくなく海の底へ。ライトたちが目覚めるとそこは水中なのに、なぜか呼吸のできる不思議な空間だった
お宝担いでうんとこしょ
なんとかマリーナたちと再会するアルクたち。マリーナたちは、お宝を見つけたから、との大荷物を抱えていた。船も無いのに集めたのか!とツッコむシロにマリーナは、朱の刃だから当たり前だ、と胸を張る
海中で揺らめく都市遺跡
ワールドフリッパーを探すアルクたちの行く手を人魚が立ちはだかる。アルクがアメリアの名前を出すと、人魚たちは仇と誤解して襲いかかってきた
アメリアの帰還
憤る人魚たちの前にアメリアが姿を見せて、ようやく誤解が解ける。水中で呼吸ができたのもアメリアの力によるものだと判明し、感謝するアルクたち。あらためて人魚たちの協力をとりつけたところを魔族の眷属が急襲する
魔族の影
聖域に巣食う怪物は、エギルと呼ばれる魔族の眷属だ、とライトが確信して語る。アルクたちは、アメリアに先導役を任せて、聖域探検に向かった
アメリアのおともだち
聖域に近づくほどエギルの数は増えていく。それらを蹴散らして進むと、巨大やどかりのヤドヤドが現れた。アメリアが挨拶をするも無視して猛るヤドヤド。その態度が気に入らないアメリアの怒りが爆発する
人魚たちの聖域
正気に戻ったヤドヤドと和解すると、聖域に足を踏み入れるアルクたち。そこは高度な文明の痕跡を残す豪華絢爛な遺跡だった。ライトは世界の広さを感じて、己を省みる
海底のワールドフリッパー
ついにワールドフリッパーを発見するアルクたち。マリーナも目を輝かせる。だがそこに、仮面の術者が現れ、不穏な野望を語る。マリーナはそれをつまらないと一蹴。仮面の術者は大小入り交じるエギルの群れをけしかけてくる
それぞれの旅立ち
エギルの群れを滅ぼしたアルクたち。仮面の術者は、バカにした態度でからかうと、その場を立ち去る。後味の悪い空気になるが、マリーナの一声で場の空気は一転。ステラがワールドフリッパーに同期をする。ライトとステラの体は光るが、アルクの体は光らない。それでもアルクは、ライトたちの旅に最後まで付き合うことを宣言。マリーナはその態度を褒めると、船員と共に別世界へ旅立った。アルクたちも、新世界へ旅立つ

 

▶︎星見の図鑑
水平線の彼方まで陸の見えない全てが水面下に水没した、海の世界。
海賊船へ落下し密航者と勘違いされた一行は、海賊と一線交える事になる。

かつては広い陸地と進んだ文明があった。その大半が水没したのは、原因不明の海面急上昇によるもの。
今ではフロートという連結された船の上で人々は力強く生き延びている。
海賊マリーナ、人魚アメリアとの出会いを経てワールドフリッパーを見つけた一行は次の世界への扉を開いた。

関連ワード 朱の刃|陸政府|クラーケン|ヤドリオー|フロート|人魚|じい様|北方海域|サルベージ屋|漂流者

▶︎関連キャラクター

ストーリー登場
 
出身キャラ
       
その他
       

トップページに戻る

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×