ワーフリ攻略サイト【わーすく】

【毎日更新!】ワールドフリッパー総合攻略サイト!

6章 大和の都 あらすじ

コメント(0)
 新たな世界へ降り立ったアルクたちは、陰陽師の少年スイゼンと出会う。彼はアルクたちが異世界の者だと見抜いた上で「この世界のワールドフリッパーのある場所まで付いてきてほしい」と申し出る。
 道中、襲いかかってくるあまりに手応えのない敵に困惑するアルクたち。スイゼンは、これらは本来この国(ワの国・東国)のものではなく、西にある混ざりあった別の世界(ワの国・西国)から来た妖怪たちだと話す。
 ワールドフリッパーに辿り着くアルクたち。そこでスイゼンはワールドフリッパーを貸す代わりに、狐耳の妖イナホの捕縛を依頼。アルクたちはイナホが現れるという場所へと向かった。
 目的地でアルクたちは、大鬼と対峙している浪人ソウシロウと出会う。大鬼を倒すと、それは子狐たちの姿に。するとイナホが姿を現す。どうやらイナホはソウシロウに恋心を抱いているようだ。ステラを恋敵と勘違いしたイナホは、アルクたちに襲いかかってくるが、敗北し逃亡。アルクたちはソウシロウからイナホの居場所を聞き、そこへ向かう。アルクたちを見送るソウシロウだが、ステラの背中に式神がついていることに気がつき後を追うことに。
 イナホがいるという神社を訪れるアルクたち。そこで先ほどの子狐たちと妖シラノと出会う。ステラはイナホが何故、ソウシロウに執着するのかシラノに聞く。そこにイナホが現れ、隠していたつもりの恋心をシロに指摘される。開き直った彼女は秘めた想いを叫ぶ。しかし、その瞬間ソウシロウが現れ、想いの丈を聞かれてしまう。そのままイナホは告白するも玉砕。彼女はその場を逃げ出し、ステラは後を追った。ステラとイナホが並んで話をしている所に突如現れたスイゼン。彼によりイナホはさらわれてしまった。スイゼンは妖の世界へイナホを還そうとしていたのだ。追い付いたアルクたちはスイゼンと戦うことに。
 戦いに敗れたスイゼン。そこに仮面の術者が現れ、イナホをスイゼンから奪い、捕縛。術者はワールドフリッパーとイナホを共鳴させてヤマタノオロチを召還する。
 目前の強大な敵にアルクたちとスイゼンは協力しこの国を守ることに。スイゼンの捨て身の術——自身の魂ごと呪毒となる術を使用し何とかイナホを救出。オロチの弱体化に成功する。しかし、このままではスイゼンは死んでしまう。イナホとステラはそうはさせるまいと、スイゼンの張った巨大結界を破る。解き放たれたオロチ。ソウシロウはスイゼンに頭を冷やすよう諭し、全員でオロチに挑むことに。
 八首すべてを倒しても蘇るオロチ。イナホの助言により、スイゼンはイナホとステラの力を借りてオロチの封印を解き、その魂を大地に還す陣を作り出す。術者が邪魔するもアルクが仰撃。ようやくオロチは消滅した。その時、術者の仮面が外れる。彼女の顔はステラと瓜二つであった。驚く一同だが術者は消えてしまう。
 ステラはワールドフリッパーと同期。しかし、この領域にもライトの世界はなく、アルクたちは再会を約束し、次の世界へと旅立った。

▶︎アプリ内あらすじ

前門の妖怪、後門の式神
夜の街を飛び回る狐耳の娘、それを追う陰陽師の少年。二者の距離がつまり、いざ開戦の気配が強まる。その二人のちょうど真ん中に、運悪く降り立つアルクたち。狐耳の娘は妖怪を、陰陽師の少年は式神を、けしかけてきた
陰陽師との出会い
少年陰陽師はスイゼンと名乗った。アルクたちが異世界の者だと見抜いていたようだ。スイゼンは、アルクたちに、この世界のワールドフリッパーのある場所まで付いてきてほしい、と申し出る
西と東
敵を蹴散らすも手ごたえの無さに困惑するシロ。スイゼンは、これらは妖怪であると説明。自分のような陰陽師や妖怪は、本来この国のものではなく、西にある、混ざりあった別の世界から来たのだと話す
対価と信用
スイゼンは若くして陰陽連の首領だった。彼はワールドフリッパーを貸す代わりに、狐の妖怪の捕縛を依頼。アルクたちは警戒しつつも、狐の妖怪が現れる場所へと向かう
浪人への助太刀
目的地では、大鬼が浪人ソウシロウに戦いを挑んでいた。いざ勝負と息巻く大鬼に対して、ソウシロウは飄々とした態度を崩さない。ライトたちはソウシロウの助太刀をする
早とちりの狐娘
大鬼を倒せば、それは子狐たちが化けた姿だった。ソウシロウがその存在を指摘すれば、狐娘が姿を現す。しかし、どう見ても様子がおかしい。ステラを恋敵と勘違いしたらしい狐娘は、イナホと名乗ると、アルクたちに襲いかかってきた
浪人と狐娘
イナホは敗れると、捨て台詞を残して逃亡。アルクたちはソウシロウにお茶をごちそうになり、イナホの居場所を聞く。アルクたちを見送るソウシロウだが、何かに気づいて後を追うことにした
狐を追いかけて
イナホがいるという神社を訪れると、妖狐が現れて、立ち去れ、と威嚇してきた。ステラが、イナホと話がしたい、と言えば、妖狐が力づくで追い払おうと襲いかかる
暴かれる恋心
妖狐を打ち破ったアルクたちは武器を収め、ソウシロウへ取り憑いた理由を狐たちに問う。イナホは誤魔化そうとするのだが、ソウシロウへの恋心をシロに見破られてしまう。開き直って秘めた想いを叫んだ瞬間、その場には想い人が立っていた
イナホの想い
シラノにけしかけられ、イナホが意を決して愛の告白をするも玉砕。イナホがその場を逃げ出し、ステラがその後を追う。イナホとステラが恋愛トークをしていると、スイゼンが現れる。ステラは動きを封じられ、イナホがさらわれてしまう
共存のありか
陰陽連や忍を蹴散らして突破するアルクたち。スイゼンは妖怪と人間は共存できないからと、妖の世界へとイナホを還そうとしていた。それを妨害するため、アルクたちが戦いを挑む。スイゼンは分身を作り出して応戦をする
黒い巫術師
戦いに敗れたスイゼンだが、結界を張って、イナホを元の世界に還すための術を強行する。追い詰められたイナホはソウシロウへの想いを再び伝えて、ステラと友達になる。そこに仮面の術者が現れて、イナホを捕縛。その動きを封じようとしたスイゼンを裏切った忍の凶刃が襲う。アルクたちはイナホを助けるため、立ちはだかる忍と召喚されたエギルに戦いを挑む
災厄、訪れる
アルクたちが戦っている隙に、仮面の術者はワールドフリッパーとイナホを共鳴させてヤマタノオロチを召喚。そのままイナホを連れ、ヤマタノオロチの方へ飛び去ってしまう
一緒に戦おう
イナホを救いに向かうアルクたちを見て、スイゼンは国を守るため、協力を願う。これを快諾したアルクたち。スイゼンは、策がある、と語る
影の時代が遺したもの
妖怪に襲われるアルクたち。スイゼンは、あの妖怪は東国の妖怪であり、イナホたちとは違うと説明。そして忍と同じく存在を消された存在だという。忍たちの襲撃。ソウシロウが足止め役として、一人で相手取る
五剋・蠱毒の陣
闇ですべてを一つにしようと語る仮面の術者。イナホはそこから寂しさを感じとる。霊山山頂に辿り着いたスイゼンは、とっておきの巨大結界でオロチを捕縛。イナホを助けた後、自身の魂ごと呪毒となり、無数の魂を持つオロチを一つの魂にまで減らそうとする。だがイナホとステラがスイゼンの判断は許さないと結界破りを開始。仮面の術者がエギルを召喚してけしかけるが、アルクたちがそれから守る
破陣
ステラとイナホの手で結界は破れた。解き放たれたヤマタノオロチが咆哮を上げる。そこにシラノとソウシロウが駆けつけて、ヤマタノオロチを怯ませる。ソウシロウはスイゼンに頭を冷やすよう諭す。アルクたちは全員で協力しての龍退治に臨む
五生・龍天の陣
八首すべてを潰しても蘇るヤマタノオロチ。スイゼンはイナホとステラの力を借りて、オロチの封印を解き、その魂を大地に還す陣を作り出す。仮面の術者が妨害しようとするもアルクが迎撃。ヤマタノオロチは消滅した。あらわになる術者の素顔。それは一同がよく知る者と瓜二つだった
結ばれた縁
ステラがワールドフリッパーと同期。イナホはアルクたちとの再会を約束し、妖怪の世界へ帰った。スイゼン曰く、ヤマタノオロチの封印解放の影響で、その対処に忙しくなりそうだという。スイゼンは共生の道を探ることを告げ、アルクたちに感謝を告げる。アルクたちは、次の世界へ旅立つ

 

▶︎星見の図鑑
瓦屋根が建ち並ぶ、和の世界。
一行は、狐耳の娘と陰陽師の少年が争う一触即発の場に転移してしまう。

ワの国は5年前の大地震で異世界の一部が融合した世界だった。
東国と西国。そして妖怪の世界。
スイゼンの手により解かれた封印は更に世界を混ぜ合わせてゆくだろう。
仮面の術者の企みを阻止した一行は新たな世界への扉を開いた。

関連ワード 陰陽連|白面金毛九尾の狐|ヤマタノオロチ|マレビト|東国|西国|隠密衆|西のお社|手習い所|妖怪劇|三種の神器|龍脈(龍の道)|花火

▶︎関連キャラクター

ストーリー登場
       
出身キャラ
その他
         

トップページに戻る

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×