ワーフリ攻略サイト【わーすく】

【毎日更新!】ワールドフリッパー総合攻略サイト!

リーブラム・ヘクシズ 【エンジョイ】

 

尊大なる交渉者(恒常)

尊大なる交渉者
リーブラム・ヘクシズ
Name Libram 一人称 私 
Title High-Hat Negotiant
種族 CV 石川界人 
出身 揺らぎの都市 性別 男性
スキル
レリクス・フルバースト 
Relic Ruination
リーダースキル
へクシズマネジメント 
The House of Swes

▶︎ストーリー

ファーランド王国の9騎士家、外務・商工を担うヘクシズ家の青年。商売人かつ武器コレクターであり、揺らぎの迷宮から出土する異世界の武具を求めパルペブラにやってきた。強力な武器を駆使するが、本人は実は弱い。
Third son of the Swes family, one of the Farlands' Nine Houses, which presides over commerce and diplomacy. A merchant with a keen eye for steel, Libram has amassed an arsenal of the finest weapons unearthed from the Kaleidoscope. When deprived of his purse and weapons, however, he's rather pathetic.

▶︎ボイス

加入 「私はリーブラム。誉れ高き9騎士、ヘクシズ家の直系さ。君達とは、いい関係が結べると嬉しいね。」
"I am Libram, son of the Swes, sixth of the Nine Noble Houses. I hope we may establish amicable relations."
進化 「期待も無ければ束縛も無い、気楽な三男坊の筈だったのだがなぁ。これは、私が私の理想に懸けた期待だ。とことん応えてみせようじゃないか!」
"As the youngest son, I never had any hopes laid on me. Instead, I was given freedom. But now, for once, I have something to prove... To myself."
日常1 「凄い。偉い。顔がいい。それが私さ!だから大丈夫。心配ない。頑張ろう……頑張ろう、私!」
日常2 「世の中には、勝手に動く盾に守られてふんぞり返るバカもいるんだ。だから勝手に動く武器を使ってもズルではないんだ。わかるね?」
日常3 「この武器の数々は、もちろんヘクシズの財力によって集めたものさ。正に……財は力なり!幾ら使ったかは、考えない事にしている。」
日常4 「経済の本質は、奪い合いじゃない。互いに利益を最大化する事……つまり、共存共栄なのさ。私は、それを美しいと思うんだよ。」
日常5 「祖国と、パルペブラに、フェアで自由な交易路を作る。そのために、友よ。力を貸してくれるかい?」
日常6
日常7
日常8


▶︎
戦闘ボイス

スキル準備完了 「コンテナ、全開放!」
スキル発動
1 「レリクス・フルバースト!」
2 「華麗に、散るがいい!」
3
4
バトル開始 1 「我が前にひれ伏せ!」
2 「騎士の戦いを見せてやるさ!」
勝利 1 「ふっ、これが私の実力さ」
2 「いい働きだった。値千金とはこのことだな」
パワーフリップ 1 「任せたまえ!」
2 「蹴散らすぞ!」
落下 1 「なあっ!?」
2 「ひっ……痛いじゃないか!?」

 

▶︎キャラエピ

六家の男
招待状を出して闘技場にステラ一行を招くリーブラム。彼は魔物たちとの剣闘を披露すると、客席のステラの前に降り立った。ステラ一行の情報を欲する旨を伝えるが、ステラにきっぱりと断られる。押し問答をした後、彼は己の恥部を堂々と曝け出す。奇行にも見えたが、ステラは彼を星見の街へと招くのだった。
登場キャラ シロ|アルク|ライト|ステラ
軟弱な男
揺らぎの迷宮で特訓に励もうとするリーブラム。だが雑魚魔物一匹に全武装展開で立ち向かえば、シロに止められ『武器は一本で戦え』と制限されてしまう。仲間を呼んで群れになった雑魚魔物達を相手に武器を振り回して逃げるリーブラム。疲れ果てての帰途、実家から使者より言伝を聞けばひとり悩むことに。後日『ヘクシズ家の教え』にのっとり、要求には応えられないと返答。すると使者は暗殺の刺客となり襲い来る。特訓の成果で窮地を脱したものの、長兄への疑念を抱くリーブラムだった。
登場キャラ シロ|アルク
先を見据えた男
長兄と密談の約束をするリーブラム。星見の街の情報を求められると察するがステラ一行に『友人は売らない』と胸中を明かす。だが心が折れそうなので『一緒に来て欲しい』と願った。これをステラ一行は快諾。だが長兄にその気はなく、リーブラムはむしろ褒められる。長兄からはヘクシズ家から身を隠すよう伝えられる。実家の援助を失ったリーブラムだが、心は晴れ晴れとしていた。
登場キャラ ライト|シロ|アルク|ステラ|アズラール

▶︎星見の図鑑

関連ワード 揺らぎの都市|ファーランド|ヘクシズ家|アズラール|ジグラート|決意のきざはし

▶︎わーふりワールド

登場話数 73

▶︎備考

・コレクションについて、名称の判明しているものは「魔剣・インフェルノ」「妖刀・カマイタチ」「機剣・ジェノス」(ep1)
・本人曰く「俺はカネでなんでも解決できると思いがちでそれで友達ができなかった」らしい。(ep1)
・「正直、魔物の近くに行くのがヤダ」と弱音を吐いていたらしい。(ep2)
・立っているだけで敵を倒す武器は王族の武器を参考にリーブラムが考案した。(王族の武器とは、恐らくラーゼルトが使用する盾のこと)(ep2)
・ラーゼルトのことを『どこぞのクソバカ王子』『チンピラ王子』などと呼んでいる模様。(ep2)
・パルペブラの冒険者たちから『リーやん』と呼ばれている。(ep2)
・冒険者達からは『クダ巻き仲間』と思われている。(ep2)
・モブ冒険者から「ツラがいいから女ひっかける時もいいんだよなあ」と言われており、自称のみならず客観的にも顔は良い模様。(ep2)
・ハニーオムライスが好物。基本的に子供舌。(ep2)
・「美しい取引とは、互いの利益が最大化するような環境でのみ成立する。そして美しい取引こそが国家を成長させる礎となるーー」というヘクシズの教えがある。(ep2)
・リーブラム暗殺の刺客はフォーラー家と手を組んだ長兄『アズラール』によるもの。(ep2)と思われていたが、黒幕は次男『ジグラード』の可能性が高い。(ep3)
・星見の街への経済援助を申し出るが、頑なに拒まれている。(ep3)
・実家からは、放蕩息子が出来る程度には期待されてない。(ep3)
・ストーリーイベント『願え、光の継人達よ。』に登場。ラーゼルトに背中を預け、パルペブラの街を救う為に戦った。(『願え、光の継人達よ。』ソード・オブ・ライト)
・ラーゼルト、ユーウェルと共に揺らぎの迷宮生誕50周年のパーティを楽しむ姿が確認できる。(ハナビ(アニバ)ep3)
・お正月はコタツに入ってミゲルとクロと共につまみを賭けたクイズ大会を楽しんでいる。リーブラムがつまみに持ってきたのは、実家から取り寄せた王室御用達の高級チョコ。(クロ(正月)ep3)
・「私は金があるだけで人付き合いが上手いわけでもない!」(クロ(正月)ep3)
・クロからも「リーやん」と呼ばれている。(クロ(正月)ep3)
・オルヴェールとは昔馴染みであり、「リー様」と呼ばれている。(オルヴェール(正月)ep2)
・オルヴェールからお年玉をたかられている。(オルヴェール(正月)ep2)
・揺らぎの迷宮生誕50周年のパーティではラーゼルト、ユーウェルと卓を囲んでいる。(ハナビ(アニバ)ep3)
・クアレとヘクシズがコネクションを持つ。(クアレep3)

▶︎表情差分

▶︎関連キャラクター

星見の図鑑
     
その他
   

世界別キャラ相関図
キャラ性能はこちら

トップページに戻る

コメントを書き込む


Protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

まだコメントがありません。

×